取引先との取引にインターネットを活用し、業務効率化を図りたい・・

KEYWORD :

 インターネットを利用した取引先との商取引(データ交換)は、取引先にインターネットに接続しているパソコンがあれば可能で、電話やFAXに比べても通信コストが安く取引先に負担をかけないため急速に普及しています。インターネットなので通信速度も速く大量の情報も処理できる事もおおきなメリットです。  商取引(データ交換)の種類は発注だけではなく、

  • 納品予定
  • 受領
  • 返品
  • 請求
  • 支払
  • 商品情報

と拡張性にもすぐれています。そして、伝票レスも実現できます。これらを実現すれば業務効率化はかなり期待できる事が理解いただけると思います。  よって、この課題の解決策は取引先になるべく負担をかけずに、一般的な手法(EDIのパッケージソフト利用)で安価に実現する事だと思います。