棚卸

棚卸とは

棚卸(たなおろし)とは、帳簿上記載のある在庫の数量と実際の在庫の数量との差異を把握するために、定期的に行われる実際の在庫数量を確認するための作業のことです。
実際に棚卸資産を確認するので、実地棚卸という場合もあります。

本来は、帳簿上の在庫数量と実際の在庫数量は一致していて然るべきなのだが、諸々の事象(盗難・紛失・記帳ミスなど)により一致していないことが多々あります。
そのため、会計上、その差異を正確に認識し、実際の在庫数量に即した簿価へ調整することが求められることから、棚卸は行われるものとなっています。

棚卸は、期末の利益計算のために行われるものです。在庫管理システムが浸透した現在は、システム上の在庫数量と実際の在庫数量の乖離理由を把握し、在庫資産を常に正しい状態で可視化するために、定期的に行われるようになっています。在庫の可視化は、在庫圧縮など、資金面に強力に作用するため、棚卸作業の効率化が求められるようになっています。