プロジェクトの進め方

導入メソドロジーによる安心・確実な導入手法

新システムを安心・安全・円滑に導入し、効果を最大限にあげるために、導入メソドロジー(成功のための方法論)にて、導入計画と実績を管理し、短期間で確実なシステム導入を進めます。

打ち合わせ手法 デモ環境を用意し、パッケージの画面を見て・触りながら、仕様の打ち合わせを実施します。 短時間で効率的に仕様と業務運用を決定していくことができます。イメージと異なるシステムが納品されることはありません。
デモデータ 実データに近いデモデータを準備することで、新システムをイメージしやすい工夫をしています。
操作マニュアル パッケージシステムとともにお納めいたします。 実際にシステムを利用するユーザ目線で分かりやすい操作マニュアルをお納めし、現場への定着を支援します。
運用マニュアル 運用マニュアルの雛形をご提供します。 流通業(小売業様・卸売業様・メーカー様)向けパッケージシステムの運用ノウハウが詰まった運用マニュアル雛形です。

ウォーターフォール開発とアジャイル開発を組み合わせプロジェクトを進める

 

局面開発技法(ウォーターフォール開発)とアジャイル開発の組み合わせでプロジェクトを進めます。

要件定義 課題・目的をより認識・明確にし、それにかなうシステムの要件、及び仕様 の検討・確認を実施します。
外部設計 要件定義で決めた仕様に対して、画面・帳票・DBなどの設計を実施します。
内部設計 外部設計で定義されたシステム機能に対して、内部システム構造の設計を実施します。
開発 設計フェーズで設計した仕様に基づいてコーディングを実施し、単体テストを実施します。
結合テスト 一連の業務単位での稼働テスト・業務間でのインターフェースのテスト・他システムとのインターフェーステストを実施します。
システムテスト お客様が主体となって、試験的にシステムを稼働させ、システムが要件定義で確定した内容通り正しく実現しているのかの確認と業務運用上支障がないか等のチェックを入念にしていただきます。
導入支援 サービスイン(本稼働)前のパッケージ説明や操作指導及び本番準備・本番稼働後の立会を実施します。

 

PMBOK準拠のプロジェクト管理ツールを組織で活用する

PMBOK準拠

PMI(米国プロジェクトマネジメント協会のこと、日本唯一の支部がPMI日本支部)がプロジェクト管理に関するノウハウや知識体系をまとめたガイドラインがあります。それが世界標準のプロジェクトマネジメント手法「PMBOK」(Project Management Body of Knowledge ピンボックと呼びます)です。PMBOKは5つのプロセスと10の知識エリアにプロジェクト管理の手法を体系化しています。

・5つのプロセスとはプロジェクトのスタートからエンドまでのフェーズのことで、立上げ→計画→実行→管理・コントロール→集結に分けられています。

・10の知識エリアとはプロジェクトを進めるための管理すべき対象を分類しています。特にプロジェクト管理の3要素と呼ばれる「QCD」(Quality Cost Delivery)、つまり品質・コスト・進捗管理を中心にプロジェクトマネジメントを実行していきます。

プロジェクト管理ツール活用

導入事例に掲載される

PMBOKに準拠しプロジェクトを進めていくと、組織でプロジェクト管理手法を標準化できます。しかしPMBOKの考え方や手法だけではプロジェクト管理は実践できません。そこで弊社はPMBOK準拠のプロジェクト管理ツール:株式会社システムインテグレータ社の「SI ObjectBrowser PM」(オブジェクトブラウザーPM、以下、OBPM)を早くから全社導入しています。すでに200社を超えるOBPM導入ユーザーの中でも、活用度の高い1社として下記の通り、OBPM導入事例になっています。

テスクのプロジェクトの進め方は「導入メソドロジーによる手法」「ウォーターフォール開発とアジャイル開発の組み合わせ」「PMBOK準拠のプロジェクト管理ツールの活用」の3つのやり方を組織にうまく取り入れることで、お客様のプロジェクトを成功に導きます。

株式会社システムインテグレータ社 統合型プロジェクト管理ツール:Object BrowserPM(OBPM) 導入事例ページ テスク社「トップダウンとOBPM活用」2015年10月掲載  
参照元 https://products.sint.co.jp/obpm/case/tisc