その他取り扱いソリューション商品情報統合管理システム「eBASE」

商品情報統合管理システム「eBASE」とは?

柔軟性とコストパフォーマンスを兼ね備えた
総合データ管理ソフトウェア

「eBASE」は、商品(製品)情報の企業間情報交換プラットフォームとして、又、企業内の様々なコンテンツマネジメントソフトとして、柔軟性と抜群のコストパフォーマンスを兼ね備えた総合データ管理ソフトウェアです。画像(素材)データの逐次・一括登録、スペックの編集、(複合)検索、用途に合わせた様々な出力方法など、業務に必要な機能を標準実装しています。

製品概要

商品情報交換の標準環境をご提案

商品情報管理のコツは、「いかに構築・管理・運用のバランスのとれた商品情報データベースを作り上げるか」です。eBASEのマルチソリューションデータベースなら、ネットメディア、印刷系アプリケーション連動、他企業間情報交換から、大規模なネットワーク形成やナレッジマネージメントまで様々な環境、目的に合わせたフレキシブルな運用を低コストで実現可能です。また、仕入先に無料ソフトウェア「eBASEjr.」を導入してもらうことで、データ管理・送信環境をととのえてもらうことが可能です。仕入先がeBASEjr.で作った商品情報を、そのまま仕入れ元のeBASEstandardに流しこむことができるので、スムーズかつスピーディな情報の受け渡しが実現できます。

データベースインテグレーション

eBASEは、商品情報統合データベースを核にして、あらゆるシステムのインテグレーションを支援します。企業には、システム毎に個別の商品マスターが多数存在しますが、それら個別商品マスターの統合を目的とした商品情報データベースインフラ環境をご提供できます。また、個々の商品マスターを、画像や商品詳細スペックを含むリッチコンテンツ化し、個々のシステムが新たな有効機能を創造することを可能とします。更には、企業間の商品情報交換環境を実現することで、業界、あるいは社会の”DataBaseIntegration”を目指しています。

eBASEシリーズの活用による
業界別商品情報交換の全体最適化

サプライヤー企業の多くは、バイヤー企業指定の商品情報シートへ情報を記入して提供しています。この商品情報提供フローがデジタル化されれば、バイヤー企業はもちろん、サプライヤー企業も多大なるメリットを得ることができます。eBASEとは企業内での商品・コンテンツ情報の構築・一元管理・活用と企業間の商品情報交換を支援する、データベースソフトウエアです。安価に早期のシステム構築と運用変更が可能です。また、eBASEを仕入れ元・仕入先にて導入することで、商品情報のデファクトスタンダードとしての情報フォーマットを普及することができます。サプライヤー/バイヤー企業間の商品情報交換プラットホームとして、食品業界・ギフト業界・日用品業界・工具業界・文具業界・住宅業界、などで、広くご利用を頂いています。登録・管理・編集等の機能の更なる強化の結果、PLM、顧客情報管理、ナレッジマネージメントなどにもご利用頂き始めており、目的に応じた自社オリジナル・コンテンツマネージメント環境を構築可能です。

流通業の基幹業務システム構築に特化し
良いシステムをリーズナブルにご提供します

⼩売業様、卸売業様、メーカー様などの流通業の基幹業務システムの構築に特化し、専⾨性を⾼めるこ とを追求しています。経営課題・業務課題・システム課題を解決するシステム導⼊プロジェクトの成功体験も豊富です。

お問い合わせ

ABOUT TISC
テスクをもっと知る

業務用ソフトウェア創成期から、流通業とともに歩んできました。
豊富な導入事例をバックボーンに業界独自の課題とその対策、プロジェクトの進め方など、豊富な知見を有しています。

導入事例
テスクには様々な導入実績があり、お客様の企業規模や業界独自の課題について豊富な知見がございます。
プロジェクトの進め方
新システムを安心・安全・円滑に導入し、効果を最大限にあげるための導入メソドロジーをご紹介します。
サポート体制
導入後の安定稼働を支援する為のサービスである、システム運用支援サービスの概要をご紹介します。
テスクお役立ちブログ
小売業様、卸売業様、メーカー様の現場で、明日から活用できる様々なノウハウやTIPSをご紹介します。