【セミナーのご案内~Web&来場選択可能!】日本のチェーンストアに大きな変化の時代が始まる!そのカギは生産性向上にあり

 

新型コロナの影響のため、日本のチェーンストアを取り巻く環境は大きく変わりました。企業はテレワーク・在宅勤務になったことでコンビニ需要は減少し、感染防止の観点から外食は減りました。その半面、内食優先の生活スタイルとなり、食品スーパーや小売業、流通業界のビジネススタイルは大きく変わってきています。

しかしコロナ禍の前から、日本のチェーンストアには、もっと大きな変化の波が訪れていました。人口の減少、高齢化、過疎化及び総需要の減少だけでなく、人件費の高騰、DX(デジタルトランスフォーメーション)の活用によるデータ収集や分析など、対応しなければならない課題は山積みです。課題解決策の代表的なテーマに生産性向上が挙げられます。古い流通業界の慣習を打破し、これからのDX時代に対応するための効率化しなければならないこと、とは具体的にどんなテーマなのか?ぜひ体感ください。

ハイブリッド型セミナーによるWebセミナー&テスク新本社ビルセミナー会場で開催いたします。

– 開 催 概 要 –

■セミナーテーマ
 日本のチェーンストアに大きな変化の時代が始まる!そのカギは生産性向上にあり
  ~ 日本の小売業の流通課題から生産性向上を考え、解決策をご紹介~

■日時
 2020年11月12日(木)  15:00~16:00  (Webでご参加の方は、14:40からログイン可能)

■会場
 以下2つからお選びいただけます。
  ・Webセミナー(会社やご自宅から参加可能です)
  ・リアル会場 名古屋市中区栄一丁目18番9号 株式会社テスク 1Fセミナールーム

■対象
 経営者・管理部門長、商品部部門長、店舗運営部門長、情報システム部門長様 向けセミナー
 ※エンドユーザー様以外の方からのお申し込みがあった場合は、ご参加をお断りさせていただくことがございます。予めご了承ください。

■定員
 100名 
 ※事前登録制 応募多数の場合は抽選とさせていただきます。

■参加費
 無料

 

Session1 15:00~15:40 「大きな変化の時代がはじまる 日本のチェーンストアの課題とは?」
リテイリングワークス株式会社 代表取締役 佐々木 桂一 氏

 

人口減少の影響により今後10年で20%~30%の小売業の客数が減ると言われています。今後生き残るためには、小売業が抱えている本質的な課題を正しく捉え、変革していくことが求められます。さらにそのような中、小売業は変革をするためのツールであるデジタル活用も遅れています。数々の小売業の経営を担い、自らデジタル活用をしながら結果を残した佐々木桂一氏が、現在の商慣習の無駄・製配販の関係のあるべき姿・ツールとしてのデジタル活用の考え方を、具体例を交えながらお伝えします。

 

【佐々木氏 経歴】
株式会社ダイエー入社後、株式会社ジェーソン代表取締役社長として大証ヘラクレス(現ジャスダック)上場、大黒天物産株式会社取締役副社長として東証一部上場、富士薬品専務取締役ドラッグストア事業本部長としてグループドラッグストア10社のマネジメントの統合等3,000億円突破と業績向上に貢献と一貫して小売業に従事。ディスカウントフォーマット、スーパーマーケット、ドラッグストアでの現場作業からマネジメントまで「仕組みづくり」をすることで「インテリジェンス」のあるチェーンストアづくりを目指している。現在、売上高8,000億円企業から創業間もない企業の戦略、経営戦略から経理、財務、IT、物流、株式公開まで幅広く支援中。

 

 

Session2 15:40~16:00 小売業と取引間の効率化を図るオンライン商談ツール「商談.net」をご紹介
株式会社テスク フィールド営業部 部長 金本 定謙

 

小売業のバイヤー様と取引先との商談を効率化するシステムである商談.netをご紹介します。コミュニケーション機能・文書共有機能・マスターアップロード機能・将来的にはリベート機能・棚割機能など、複雑化する取引先様との情報のやりとりをWeb上のポータルシステムに一本化します。便利なデジタルツールを活用することで現在のチェーンストアが抱えている課題である、高止まりする流通コストを下げることにつながります。豊富な機能や活用効果を凝縮してお伝えします。

 

 

※内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。