最終仕入原価法

最終仕入原価法とは

最終仕入原価法とは、評価の時点ごとに直前に仕入れた単価を使用して原価を決める方法のことです。

ただし、企業会計原則では認めていないため、上場企業においては適応することはありませんが、税法上では認められているため、上場していない中小企業では採用されています。