EDI

EDIとは

EDIとは、Electronic  Data  Interchange の略の事で、商取引に関する情報を標準的な書式に統一し、企業間で電子的に交換する仕組みです。

基本的に、業界毎等で、標準的な手法があり、予め定められた形式に従って電子化し、専用線やVAN・公衆回線・インターネット網などのネットワークを通じて送受信をします。

紙の伝票をやりとりしていた旧来の方法に比べ、情報伝達のスピードが向上し、事務作業の工数削減による効率化や、販売機会の拡大などにつながるというメリットがあります。

近年は、インターネットの普及に伴い、WebブラウザやXMLなどインターネット標準の技術を取り入れ、通信経路にインターネットを用いることが増え、業界を超えた標準化、オープン化が進行しています。

類似用語として、EOSというものがあるが、これは、Electronic Ordering System の略で、企業間のオンライン受発注システムを指します。

企業間の商取引に関する情報の代表的なものは

  • 発注データ
  • 受注データ(発注データを受け取る側)
  • ASN(事前出荷通知)
  • 受領データ
  • 返品データ
  • 請求データ
  • 支払データ

などがあります。