粉末酒(ふんまつしゅ)

粉末酒(ふんまつしゅ) とは

酒類のエタノール成分をデキストリンその他の水溶性物質に内包することで保持し、水分を除去した粉末状の酒である。水に溶解することでアルコール飲料となる。日本の佐藤食品工業が製法を開発した。酒税報告書の単位はグラムと言う。