売価還元法

売価還元法 とは

商品をいったん売価によって棚卸し、原価率を乗じて期末商品の原価を算定する方法。
棚卸資産をグループ化して売価合計額から取得原価を概算する方法。
商品の形状、性質、等級別分類とった自然的分類によらず、異種商品であっても値入率や回転率に類似性があればグループ化することも行う。
(期首繰越商品原価 + 当期仕入商品原価) / (期首繰越商品小売価格 + 当期仕入商品原価 + 値入額)を乗じて期末商品有高を算定。