個別法

個別法とは

取得原価の異なる資産を区別して記録し、その個々の実際原価によって原価を算定する方法