チェーンストア理論とは?メリット・デメリットと標準化を解説

チェーンストア理論とは?メリット・デメリットと標準化を解説

アメリカでモデル化されたチェーンストアを、日本の小売業と飲食業とサービス業に普及したのは、故渥美俊一氏です。

彼はペガサスクラブという団体を創設・主催して、チェーンストアづくりの理論と原則を普及。日本におけるチェーン店の課題に対応する価格と価値に革新をもたらしました。

 

この偉業を学習するのであれば、ペガサスクラブに入会してセミナーを受けるのが王道です。

しかし、体系立てた知識を得るには相応の手間暇を要するので、チェーンストアを理解するための初歩的な知識をよくある質問への回答形式で解説をします。

 

Q.チェーンストアのメリットとデメリットは何か?

いきなりですが、小売業や飲食業、さらにはサービス業をチェーンストアにするとどんなメリットがあるのでしょうか。

また、世界的な小売業や飲食業、さらにサービス業はチェーンストアなので最適な業態だと思いますが、デメリットはあるのでしょうか。

 

A.チェーンストアは「国民大衆の“くらし”を根本的に革命的に向上する」と言った理念を持って運営されるので、大多数の国民が豊かになるのがチェーンストアのメリットなのです。

 

「チェーンストアのメリット・デメリット」を解説している数多の文献は、運営企業視点の記述が多いのですが、もっと高い視点に立つと、大衆の豊かさを提供できる企業になる事自体が、地域社会にとって最大のメリットであると言えます。

つまり、用途ごとに、同時に必要なアイテムが揃っていて、品質は買う者にとって必要十分であって、生活者の大部分が、日常の生活で気軽に安心して楽しく消費できるのは、“くらし”の“豊かさ”の手段なのです。

 

しかし、百貨店の様な本支店経営はもとより、これを実現する仕組みはチェーンストアづくり理論と原則に則したチェーンストア経営以外に成し遂げた歴史は無いのです。

そして、チェーンストア経営は、大幅なコストダウンの裏付けとなる業務の効率化、安定的な高質商品の提供と課題解決に必要な情報の一元化を伴うものなのです。

 

ところが一方、「チェーン=鎖」という単語から人間を束縛するモノとイメージして、従事者の行動を束縛する仕掛けと誤解する時があります。

また、チェーンストアの一種類のレギュラー・チェーンの「レギュレート(取り締まる、統制する、規制する)」業界では経営スローガンとして標準化と称します。この標準化施策を機械の一部と例えて、チャップリン映画『モダンタイムズ』の様に人間性を否定するものとしてデメリットと記述する時があります。

 

さらには、生産性を飛躍的に向上する道具であるマニュアルを否定的にとらえ、「マニュアル人間化」と言ったりしてデメリットとする記述があります。

これらは、全く逆の間違った思考であり、チェーンストアの「チェーン」は運搬に利用して、巨大なモノや重いモノを運ぶために利用する道具と同義なので、個店や本支店運営では成し遂げるのが困難な崇高な理念を達成するものなのです。

 

敢えてデメリットとして挙げるならば、チェーンストアの『御利益(ゴリヤク)』は200店舗程度の規模になって表れるので、それまで経営者は弛まぬ努力を継続しなければならない苦労をいうのでしょう。

Q.チェーンストアのスローガンは標準化以外に何があるのか?

前段の解説で、チェーンストア経営のスローガンとして「標準化」を挙げていましたが、他の重要なスローガンはあるのでしょうか。

それは何かと意味を教えてください。

 

A.標準化とは「Standardization」です。チェーンストアのスローガンは標準化以外に「単純化:Simplification」と「徹底化:Specialization」があります。

 

標準化とは、一番良い手法やオペレーションを店舗や本部にビジネス展開する目的としたマニュアルを作成して定着させることを意味します。

単純化とは、流通業に標準化の実現が困難な時に、誰でもが理解できるように作業と動作を分割して作業を大きく削減させることを意味します。

徹底化とは、他より抜きんでて隅々まで行き届かせることを意味します。

 

Specialization」を一般的な日本語訳である特殊化、専門化としてはならないのです。

Q.チェーンストアの3階層と5職能とは?

チェーンストアの組織に関して、縦軸の命令系に階層があり横軸の責任系に職能があります。

チェーンストアにおける階層の3つと職能の5つは何でしょうか。

 

A.チェーンストアの経営における3階層

①トップマネジメント=顧客・社会・取引先・株主に対する責任を負うと共に戦略や政策の決定と開示・拡大する従事者を言います。

主に取締役や執行役員が担います。

 

②スペシャリスト=担当する分野の熟練者であると同時に、その分野では第一級の技術者です。

トップマネジメント層と合意した数値責任を負います。

 

③ワーカー=平易な言い方をすれば、トップマネジメントでなくスペシャリストでもない人です。

上司から割り当てられた作業を決められた通りに行う義務を負う人です。スペシャリストではありませんから、数値等の責任を負いません。

義務を果たせなかったら改善して果たせるように変化しなければなりませんが、罰せられることはありません。

 

次にチェーンストアの経営における5職能

  • スタッフ=トップマネジメントが販売戦略等や政策を決めるにあたり、戦略や政策を起案し進捗・報告するタレント、スペシャリストです。タレント、スペシャリストは調査・実験などを行い、起案や提案をして数値責任を取る人なので、スタッフはトップマネジメントより専門かつ深い知識と広範囲かつ最新の情報を持たなければなりません。
  • サービス=5つの職能の他の職能以外の仕事を受け持ちます。
  • ラインスタッフ=クリエイティブラインとオペレーションラインに関する活動に対して改善を定義し、ルール化を起案して徹底します。
  • クリエイティブライン=バイヤーやマーチャンダイザーの商品関連全般を扱う、一般的にいう商品部に属する人です。
  • オペレーションライン=販売現場を担当する、多くの場合に販売部や店舗運営部と称される組織に属する人です。

 

Q.3Sとサンエス主義はチェーンストアでは別物か

チェーンストアに限らず、3Sと言えば「整理」・「整頓」・「清掃」のことを言いますが、チェーンストアで使われる『サンエス主義』と同じなのですか。

 

A.3Sに「清潔」・「躾」を加えて5Sと言います。

Sや5Sはチェーンストアに限らず使われています。

これに対して『サンエス主義』は、先に解説した標準化・単純化・徹底化の3つのチェーンストア経営のスローガンを言います。

【まとめ】チェーンストア理論とは?メリット・デメリットと標準化を解説

今回は、「チェーンストアの理論を簡単に解説!メリット・デメリットや標準化について」というタイトルで、書かせていただきました。

チェーンストア理論を理解いただくための初歩的な解説になりましたが、チェーンストア理論を深く理解するためのきっかけ、もしくは概要を知るための参考にしていただければ幸いです。

 

前述で記載させていただきましたが、チェーンストア経営は、大幅なコストダウンの裏付けとなる業務の効率化を伴うものです。

 

本記事を執筆した株式会社テスクは名古屋に本社を置く流通業に特化したシステムベンダーです。

小売業様向け基幹システム「CHAINS Zは、チェーンストア理論に基づき、在庫管理・受発注を支援しています。

基幹システムの再構築をご検討の企業様は、ぜひCHAINSの製品資料をご覧ください。