小売業の顧客獲得戦略!商圏内に多くの競合が存在する環境下での手法!

小売業の顧客獲得戦略!商圏内に多くの競合が存在する環境下での手法!

現代の小売業界は、商圏内に多くの店舗が存在し、同種の商品が容易に入手可能な環境下で競争が激化しています。

このような環境下において、顧客は多様な選択肢を持ち、価格や特典などの要因によって簡単に店舗を切り替えることができます。

 

実際、顧客の半数以上が4店舗以上を利用し、8割以上が2店舗以上を利用しているとも言われています。

一方で、顧客毎の来店(買い物)頻度は一定しており、「自店への来店指名度」高めることが重要になってきます。

この記事では、商圏内の競争激化に対応するための戦略について考えていきます。

アプリを活用した価格・特典提供戦略

継続的に、価格や特典を提供する仕組み作りが求められています。

商圏内で競争が激化する中、顧客は価格や特典などの要因によって簡単に店舗を切り替えることができます。そのため、各店舗は継続的に顧客に対して販促を行い、彼らの興味を引きつける必要があります。

 

かつては、この役割を主に折込チラシが果たしていました。

しかし、新聞購読率の低下によるリーチ力の低下や、チラシによる価格訴求のみでは顧客の来店動機づけが難しくなっています。

現在はデジタル社会であり、スマートフォンが普及し情報入手が容易な時代です。

 

このため、販促の手法も変革し、各社はデジタルを活用した顧客アプローチの仕組み作りに注力しています。 

顧客の継続的な参加とロイヤルティを獲得するために、アプリを活用した価格や特典の提供が注目されています。以下にその戦略の一部を紹介します。

1:価格競争力の強化

アプリを通じて顧客に特別な価格を提供することで、競合他社よりも競争力を高めます。

例えば、アプリ限定の割引やセールを実施することで、顧客の購買意欲を喚起し、他社への流出を防ぎます。

2:特典の付与とポイントシステムの活用

アプリを通じて顧客に特典やポイントを付与することで、彼らの満足度を高め、リピート来店を促進します。

ポイントが貯まると商品割引や特典が得られる仕組みを提供することで、顧客はアプリを積極的に利用するようになります。

3:ターゲティングされたプッシュ通知の活用

顧客の購買履歴や嗜好に基づいてターゲティングされたプッシュ通知を送信することで、彼らの興味を引き付けます。

季節やイベントに合わせたプロモーション情報を提供し、顧客の関心を喚起して来店を促進します。

4:顧客満足度の向上とリピート来店の促進

アプリを活用した価格や特典の提供は、顧客の満足度を向上させるだけでなく、リピート来店を促進する効果もあります。

特典や割引を得るためにアプリを利用することで、顧客は自社のブランドに忠誠心を持ち、継続的に来店する傾向が高まります。

買い物体験の向上とリピート獲得戦略

買い物体験の向上とリピート獲得戦略

継続的かつ効果的な集客戦略を構築しても、競合他社も同様の取り組みを行っているため、商圏内でのシェア獲得は容易ではありません。

そのため、顧客のリピート来店を促進するには、優れた買い物体験を提供することが不可欠です。

 

小売業界では、顧客が自社の店舗を選ぶ際に買い物体験の質が重要視されています。

以下では、買い物体験の向上とリピート獲得戦略について考察していきます。

一般的な買い物体験の要素

顧客が満足度を高めるために重視する要素はさまざまですが、以下は一般的に買い物体験において重要とされる要素です。

1:アクセス性と駐車施設

顧客は、アクセスが良く、駐車が容易な場所に店舗があることを求めます。

交通の便や駐車場の利便性が高ければ、買い物のストレスが軽減され、顧客満足度が向上します。

2:サービス品質

従業員の対応やサービスの質が高いことが重要です。

親切でフレンドリーな接客、スピーディーなレジ処理などが顧客の満足度に直結します。

3:品質と種類

商品の品質やバラエティが充実していることが求められます。

新鮮で高品質な商品の提供や、多彩な商品ラインナップは顧客のニーズに応え、買い物体験を向上させます。

4:価格競争力

顧客は商品の価格に敏感です。

競合店との価格比較や割引キャンペーンに満足することで、顧客は自社の店舗を選択しやすくなります。

5:特典やお得なサービス

自社独自の特典や会員限定のサービスは顧客の満足度を高めます。

ポイント付与や会員限定割引などの特典は、顧客にとって魅力的な要素となります。

6:オンラインサービスとの連携

オンラインサービスとの連携がスムーズであることも重要です。

顧客がオンラインでのショッピングや情報収集が容易な環境を提供することで、顧客の利便性が向上します。

戦略的な買い物体験の構築

戦略的な買い物体験の構築

顧客のニーズを理解し、競合分析を行うことが不可欠です。自社の強みを把握し、顧客が価値を感じる要素を把握することで、効果的な買い物体験の構築が可能です。

買い物体験の向上は、顧客の満足度を高め、リピート率を向上させる重要な要素であり、戦略的な取り組みが競争力を強化する鍵となります。

 

顧客のニーズを知る方法については、過去の記事をご参考ください。

アプリを駆使して成功する!顧客の声を聴くアンケート活用術|

まとめ

総括すると、商圏内に多くの店舗が存在する環境下での顧客獲得戦略は、優れた買い物体験の提供と戦略的なアプローチが不可欠です。

顧客のニーズを的確に把握し、競合他社との差別化を図ることで、競争力を維持し、リピート率を向上させることが可能です。

 

継続的に、価格や特典を提供する仕組み作りとして、テスクが提供するスマホアプリ「Safri」も、導入やお問い合わせが増加中です。

 

スマホアプリ「Safri」の基本ガイドブックやアプリで成功した事例集など、詳細な情報はダウンロード資料にまとめられています。是非ご覧ください。