小売業の基幹システムはパッケージ採用が成功への道筋

KEYWORD :
小売業 小売業基幹システム 

小売業の基幹システムを構築する時には、企業の必要機能をオーダーメイドで開発して導入することがあります。しかしながら、管理業務や販売業務に企業間の違いは少ないため、多くの利用実績を持つパッケージシステムを導入して必要な機能を満たすことがより効率的であるのみならず効果的です。

本ブログでは、パッケージ利用が小売業の経営に資する詳細を紹介しています。

なぜ小売業基幹システムはパッケージを採用するべきなのか?

小営業の基幹システムを開発する目的は、業務の効率化や経営管理、店舗運営に必要な販売や在庫情報の提供であるといわれます。開発方法としては、自社業務を細かく構造化して、自社開発やオーダーメイドでシステムベンダーに作成させる方法と、多くの導入実績を持つ小売業基幹システムパッケージを導入して、必要なカスタマイズを適用し開発する方法があります。また、小売業基幹システムパッケージはオンプレミス(自社環境に設置する自社所有サーバーでシステムを稼働)で利用することもあれば、クラウドサービスの利用を選択することもあります。

 

深く考えることのない発想では、“自社開発やオーダーメイド開発が自社にマッチした小売業基幹システムである”と考えがちですが、費用面や開発期間面を考慮すると現実的ではないことが経験法則によって知られています。そもそも、自社業務の細かな構造化が不可能である小売業やシステムベンダーが多いのが現実です。さらに、システム開発後に触ってみて不都合が多発し、改修を余儀なくされるケースが往々にしてあり、元々コストや期間を大きく要しているにもかかわらず、追加費用や期間延長が発生します。

 

これに対し、小売業基幹システムパッケージは、実際に稼働状態にある場合が大半であり、採用可否の検討段階で使い勝手の確認が可能なので、導入後に操作性の不都合が発生するケースを極力減らすことができます。

費用面に関しては、小売業基幹システムパッケージの開発コストを多くのユーザーに分散して回収するビジネスモデルなので、高機能なシステムを比較的低価格で導入することができます。

開発期間に関しては、多大なカスタマイズを施して独自仕様を作成する場合を除き、最短で済みます。さらには、導入から稼働までの準備作業に関しても、多くの導入実績を持っているソリューションベンダーのノウハウを利用できれば、比較的短期間で済ますことができます。

 

そして何よりも重要なポイントは、採用企業の導入効果が具体的であり、効果が実証されていることです。

スーパーマーケットであれ、ホームセンターであれ、ドラッグストアであれ、ディスカウントストアであれ、経営管理や業務内容に大差は無く、提供される情報の内容も同質化しており、差別化はこれらを徹底できるか否かにかかっていることが経験法則からわかっています。

小売業基幹システムパッケージがもたらす経営への効果

前段で記述した様に、小売業基幹システムパッケージは多機能・高機能で低価格のシステムを短期間で導入・稼働させることが可能であり、この点だけでも効率的な経営の一部を担うことが可能です。また、導入事例の豊富さは、多くの成功例と多少の失敗例を持っています。言うまでもなく成功例を踏襲するのみならず、一層レベルアップした利用をすれば、一層高い効果を上げることができます。例えば、売上や仕入等の単なるデータを、販売効率が上昇する情報に加工して利用する具体的な方法を先進事例から学んで、経営管理や業務へ適用することが可能です。

 

また、失敗例の多くは小売業基幹システムパッケージに原因があることは少なく、利用時の勘違いであると経験的に捉えられています。例えば、業界のシステムが進展しているにもかかわらず、旧来からの業務継続にこだわって、新しいシステムの優れた機能を利用せず、かえって事務作業を増やしてしまうことがあるのです。この様な事象に対しても、経験豊富なシステムベンダーのメンバーは成功に導くノウハウを持っているため、導入企業の失敗が少ないのです。

 

わが国SMの低収益性は労働生産性が低いからであり、6,000円のあるべき人時生産性は多くのSMでは2,000円台なのです。競争相手がやっているとか、業界で話題になったからと、トップや経営幹部の思い付きで増加した無駄な作業が原因です。さらには、店舗に対する工夫の奨励に応じた現場担当者の成果の乏しい作業増加が、人時生産性を低下させ、低労働生産性が低収益に繋がっています。この悪弊から逃れるために、小売業基幹システムパッケージの運用マニュアルに業務を合わせて、①やめる、②頻度を削減する、③全店分の作業を集約する この3点を実施することで、各作業の見直しが人時生産性の向上による労働生産性の向上に繋がり、高収益な小売業に変革することができます。

chains1chains2

小売業基幹システムパッケージがもたらす売上への効果

一時期、チェーンストアの雄であったダイエーの中内功氏が「売上は全てを癒す」と言ったという説がありますが、その正否はともかくとして、意味は“売上が増加し続ければ全てうまく行く“と理解できます。しかしながら、小売業の置かれた現状において、売上が増加し続けるはずもないのでこれを否定し、小売業基幹システムパッケージは、売上を増加させ続けるのではなく、”効率的な売上を実現“させます。

 

小売業基幹システムパッケージは、業務系の機能と情報系の機能を並行して稼働させることができるので、販売管理や在庫管理等のサービス利用により、ごく一部の金持ちではなく国民8割の大衆消費者の、ハレの日ではなく年300日のケの日常ニーズを満たす売上を、効率的な発注と仕入を起点とした過不足ない在庫を売場に展開している他社事例を学んで自社に取り込み、自然に「売れてしまい、儲かってしまう」店舖運営を実現することができるのです。

小売業基幹システムパッケージに必要な機能

小売業基幹システムパッケージの機能は、経営や管理、業務を支援するデータの入力と情報を提供します。

  1. 店舗やお取引先、部門や商品分類を管理するマスター管理機能
    各機能で共通に利用される店マスター、仕入先マスター等の登録・管理
    各機能の導入設定や環境のチェック
    各機能の状況確認やデータ等の保管状況確認
  2. 取扱商品を管理する商品マスター管理機能
    新商品の登録や商品改廃と関連する外部データ連携等の商品マスターメンテナンス
    ちらし・月間特売の企画登録と関連する外部データ連携等の特売マスターメンテナンス
    POSレジや計量機等との連携に必要なデータ連携等の拡張マスターメンテナンス
  3. 発注や仕入業務を効率よく実施できる補充発注仕入管理機能
    送信先や発注スケジュール等を管理する発注マスターメンテナンス
    発注入力や発注データを作成しお取引先へのデータ作成
    お取引先との発注データ他の送受信
  4. POSレジ等の販売業務を支援する売上管理機能
    POSレジや計量機とのデータ連携と結果管理
  5. 店舗業務を効率化する店舗管理機能
    売上・仕入・移動・売価変更・棚卸の各種伝票入力
    前年実績や計画数値の登録と管理
    棚札や発注台帳の発行
  6. 小売業の経営管理を支援する部門別管理機能
    部門別管理に必要なマスター登録と管理
    在庫評価法や推定ロス等の管理項目マスター登録と管理
    日次・週次・月次・年次の各更新処理
  7. 業務効率の向上を支援する情報分析機能
    経理等の外部情報連携
    経営管理に必要な部門別損益管理関連情報の提供
    営業管理に必要な部門別荒利管理関連情報の提供
    商品管理に必要な商品実績関連情報の提供

 

詳細な違いはありますが、これらの各機能が会計やERPと連携して、経営や管理、そして業務の効率を上げるシステムになります。

小売業の基幹システムはパッケージ採用が成功への道筋
~まとめ~

だれでもいつでも気軽に入手できる価格と方法で商品提供を実現する為にチェーンストアが存在すると言われていますが、これには現状を”あるべき形“へと変革する必要があります。この変革を達成するには、『国民8割の大衆消費者のウォンツとニーズを知り商品化する技術』を通じて『多店舗が同じように効率的な運営ができるマネジメント』が数ある要件の一部です。

正にこの要件を小売業基幹システムパッケージは満たせるのです。

 

  1. 小売業基幹システムパッケージの経済的効果
    短期間で必要な機能が比較的低価格で導入可能です。
  2. 小売業基幹システムパッケージの“ごりやく”
    いちいち努力や留意をせずとも、良好な結果が出るような、良い習慣が積みあがって、適切な“標準化”が進む、つまり悪い例外を排除する知識と経験の“ごりやく”を受けられます。
  3. 小売業基幹システムパッケージからの学び
    小売業基幹システムパッケージは、高い労働生産性を実現しているチェーンストア経営方式を研究し、調査と検証を繰り返し、最良の解決方法を開発し、これらをシステムとしてサービスを提供しています。

 

小売業基幹システムパッケージの本質を学び、チェーンストア経営の原理と原則に照らし合わせ、自社にとって最良の方法を選択して運用することが成功への確かな道筋になります。

2020/7/20