在庫管理システムとは?おすすめのクラウドサービスと選定方法も解説

KEYWORD :
卸売 製品比較 

在庫管理システムとは、いったいどのようなものなのでしょうか?流通業や製造業の現場で活用される「在庫管理システム」について、求められる種類や機能、選定時のポイント、無料版クラウド(フリー)利用について解説いたします。在庫管理システムの選び方や、おすすめの在庫管理システム5選の徹底比較もご紹介します。

在庫管理システムとは?

流通業の現場で活用される「在庫管理システム」とはどのようなものなのでしょうか?在庫管理システムの意味や求められる機能、選定時のポイントを簡単にご紹介します。

在庫管理システムとは、販売管理・物流管理と密接に関連し、下記の状態を把握できます。

  • 現在どれだけの在庫があるのか?
  • それらの在庫の金額はいくらなのか?
  • 在庫の受払いはどう動いているのか?

などの情報を管理するものとなります。

04310432

在庫管理システムの種類や機能を解説

在庫管理システムの種類や求められる機能について解説いたします。

在庫数量管理機能

在庫を持たずに業務運営されているサービス企業などを除けば、ほぼ全ての企業で在庫を抱えています。現状、在庫数量がいくつあるのか?それを管理する機能が求められます。リアルタイム性があるばかりでなく、数量異常が分かるような工夫も同時に求められます。

在庫金額管理機能

財務会計で必要となる、棚卸資産を算出するのも在庫管理システムには求められます。棚卸を実施し、自社で採用している棚卸資産評価法に基づいて算出します。

在庫受払管理機能

いわゆる在庫がどのように動いたのかのログの機能です。受払いといわれる事も多く、どこから入って(入荷)どこへ出て行った(出荷)のか?また、廃棄や社内利用で出庫したのか、はたまた調整のため入庫されたのかが分かるような機能が求められます。

押さえておきたい在庫管理システム 選定時のポイントとは

在庫管理システムを選定する時のポイントは、主に以下になります。

  • 販売管理システムと有機的に連動し、かつ、業務効率化を支援するか?
  • 在庫数量と金額の双方を管理できるか?
  • 在庫の受払いの管理ができるか?
  • 在庫の倉庫間移動を効率的に支援できるか?
  • 棚卸業務を効率的に支援できるか?
  • 物流マテハンとの連携容易性が担保されているか?
  • 業界特有の特殊な預り・預け・委託などに対応できるか?
  • リアルタイム性が担保されているか?
  • クラウドサービスに対応できているか?

上記以外にも、賞味期限別の管理ができるかなど、在庫管理機能に求められる機能が増えてきています。自社が何を求めているのかを明確にし、それに合致するシステムを選定することが重要になります。

流通業に詳しい「話せるベンダー」か?業務に明るい営業・システムエンジニアは、市場では意外にも枯渇しています。守備範囲の広いシステムベンダーや、会社にやってきたシステムエンジニアに、⼀から業務を教える…という事に疲れている⽅もいらっしゃるのではないでしょうか。

量販型小売業(チェーンストア)や、消費財の卸売業・メーカーに特化している「話せるベンダー」と組むことはとても重要です。テスクは、基幹業務という難易度の高い領域に特化し、流通業のお客様と共にノウハウを蓄積し、業務に明るい人材を抱えています。さらに、上記でご紹介した【流通業で活用されるシステム】を取り揃えております。

また、基幹業務システム構築を中核にシステム提供しているため、パッケージの横展開・再利⽤がしやすい環境になっており、結果として、お客様にリーズナブルな価格でご提供できる体制を用意しています。在庫管理システムの選び方に必要なこと、それは業界を知っている営業やSE(システムエンジニア)がベンダーにいることではないでしょうか?

おすすめの在庫管理システム5選 徹底比較

業界を知っている営業やSEがいる在庫管理システムベンダーはどんな会社なのでしょうか?
おすすめの在庫管理パッケージソフトやクラウドサービスにはどんなものがあるのでしょう?おすすめの在庫管理システム5選をご紹介いたします。(小規模在庫管理システムにも対応可能)

販売管理システムGROWBS(グロース) 株式会社テスク

卸売業やメーカーを中心に、消費財卸や食品製造卸向けに特化した業務システムであり、40年以上の販売実績を持ちます。製販一貫体制で開発・提供しているので「リーズナブル」であり、業種領域に特化し、業界を知っている営業・SEがいるから「話が早い」、あらゆる形態でワンストップ提供をしているため「なんでも相談できる」が強みです。

参照元 https://www.kktisc.co.jp/product/wholesale/growbs/

 

基幹システムCHAINS(チェインズ) 株式会社テスク

小売業や卸売業のスーパーマーケット、ホームセンター、ドラッグストア、ディスカウントストア業態に、累計300社以上の導入実績があります。業界を知り尽くしているため、現実的な業務運用をふまえたアプリケーションを提供し、業務に詳しい人材が豊富なため、顧客にイチから業務を教えていただくことはありません。頼りになる力強いベンダーと言えるでしょう。

参照元 https://www.kktisc.co.jp/product/retail/chains3plus/

 

クラウドERP Netsuite(ネットスイート) 日本オラクル株式会社

基幹業務プロセスの合理化を実現するためにクラウドサービスで開発されたERPです。クラウドERPとしての実績が長く、サプライチェーン管理や倉庫管理等の在庫管理システムをクラウド導入するためのポイントを知っているベンダーです。

参照元 https://www.netsuite.co.jp/products/erp.shtml

在庫管理システム 株式会社内田洋行ITソリューションズ

ロット別管理や入出荷業務はハンディターミナルでバーコード管理できるため、製販一体の在庫計画を実現できます。在庫ロス防止や在庫の適正化を提案できる業種ノウハウを持っているベンダーと言えるでしょう。

参照元 https://www.uchida-it.co.jp/product/inventory_mana/

ERP EXPLANNER/Z(エクスプランナーZ) 日本電気株式会社

卸売業の業務の効率化と標準化をサポート、幅広い業種・業態のお客様に適用しているパッケージソフトです。税制や法改正へ迅速な対応ができることは、業界を知っているベンダーと言えるでしょう。

参照元 https://jpn.nec.com/profile/corp/profile.html

在庫管理システムの無料版クラウド(フリー)は企業で使えるのか?

よくお問い合わせをいただくこととして、「在庫管理システムにはクラウドサービスの無料版やフリー版、OSS(オープンソースシステム)は企業で使えるのか?」というご質問があります。会計ソフトだけや、給与クラウドだけ、のような定型業務であり、絞り込んだ業務であれば、無料版やフリーソフトは、会社で利用できるかもしれません。しかし、在庫管理システムは商品アイテム数の把握や正確は入出荷を行わなければならない、企業の中核となる業務システムです。

在庫管理業務は会社によって様々なやり方があるため、定型業務化しづらく、カスタマイズ開発が多くなるケースがあります。「初期費用・月額ゼロで無料(フリー)の在庫管理システム!」とPRするクラウドサービスは増えていますが、無料版クラウド(フリー)を企業で使うことは、慎重に検討をするべきでしょう。

本記事は2021年5月14日の情報を基に作成しています。在庫管理システムに関する詳しいお問い合わせは、各販売管理システムベンダーのサイトからお問い合わせください。

2021/5/14